22 母とあたしの22年間

本編

補足

今思い出しても、何か他に方法はあったのではないか…とか、拾わなければこんなことにはならなかったのではないか…と、考えてしまいます。

苦しい時、必ず寄り添ってくれたモモ。

モモはあたしを救ってくれたのに、何も出来なかった無力な自分が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

最期、モモはお別れを悟って甘えてきたのだと思います。

それに気付けず、こちらからお別れを言えなかったのが本当に心残りです…。

 

これで、モモ編は終わりとなります。

胸糞悪い話に最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

 

23話へ続きます。

Advertisement