122 母とあたしの22年間

本編

補足

腕の傷は今でも生きにくい要因の1つです。

123話へ続きます。