137 母とあたしの22年間

本編

補足

自分自身の思い出もあるであろう振り袖をここまで潔くギッタギタに出来るところ、最早尊敬の域😇笑

138話へ続きます。