【最終話】育児ノイローゼになった話31

本編

補足

上手く纏まりませんでしたが…何が言いたいのかというと育児中の無理は禁物だということです。

育児って、孤独との戦いです。

場合によっては、一番身近な存在の夫にすらも理解してもらえないこともあります。

そんな時は、我慢せずに不安でも不満でも夫婦で徹底的に話し合うべきだと思います。

育児に対する労いの言葉ひとつあるだけでも、孤独感はかなり薄れるものです。

勿論、外で仕事をすることも肉体的にも精神的にも大変なこと。

なので、お互い「自分が大変な時であっても相手のことを思いやる気持ち」が大切なんじゃないかな、と思います。

次の連載は…?

これにて「育児ノイローゼになった話」は完結とさせていただきます。

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました(;ω;)

今後はちょこっと精神疾患についての話を綴っていきたいと思っております。

それと、実母とどうなったのかも結局まとめられなかったので、いずれ母とのいざこざについても綴れたら…(予定は未定ですが…!)

過去の話は大抵暗い話ばかりなので、ちょくちょく今現在の明るい話も挟みつつ…。笑

そんなこんなで、長くなってしまいましたがこの辺で。

 

 

Advertisement