ペットの飼育費用まとめ

ペットいっぱい飼ってるけどいくらかかってるの!?との質問が多かったので、まとめてみました!

まず、はじめに

我が家のペットを大まかに分類して、初期費用についてまとめてみました。

我が家の場合として綴っているので、参考程度にどうぞ!

昼行性爬虫類(ここではフトアゴについてまとめてます)

飼育始めに必要なもの

ベビー時の餌はコオロギやローチを中心に、カルシウム豊富な野菜(小松菜・青梗菜など)も与えてください。

成体に近付くにつれて野菜の割合を増やす感じで!

大体コオロギMLサイズ100匹で1,600円前後が相場です。

ドライフードもありますので、活き餌を食べなくなってしまった時に備えて買っておいた方がいいです!

初期費用約50,000円

生体代はモルフにもよりますが15,000円前後が相場かと思います。

夜行性爬虫類(ここではレオパについてまとめてます)

飼育始めに必要なもの

餌はコオロギやローチなど🦗

拒食に備えてレオパも人工フード買っておいた方がいいです!

初期費用約35,000円

生体代はモルフにもよりますが10,000円前後が相場かと思います。

ハムスター

飼育始めに必要なもの

ケージに回し車が付属している場合が多いですが、ない場合は別途購入してください。(1,000円程度)

ボトル給水機も同様。(500円程度)

初期費用約10,000円

生体代は種類にもよりますが1,000円前後が相場かと思います。

飼育始めに必要なもの

あとは、ストレス解消のためにおもちゃなども買ってあげた方が良いです。(500円程度)

その他、畜犬登録費約3,000円、狂犬病予防接種費約3,000円、混合ワクチン・健康診断費約15,000円、去勢・避妊手術(任意)約30,000円、マイクロチップ埋め込み(任意)約5,000円程かかります。

初期費用約50,000円

生体代は犬種にもよりますが10〜30万円前後が相場かと思います。

インコ

飼育始めに必要なもの

雛から飼育する場合はプラケース(500円程度)や粟玉(400円程度)や栄養をサポートする副食フード(500円程度)が必要です。

初期費用約10,000円

生体代は種類にもよりますが2,000円〜10,000円前後が相場かと思います。

月々の維持費は?

我が家はペットの頭数が多い上にオール電化なので、電気代はあまり参考にならないかもしれませんが

夏場が約10,000円、冬場は約20,000円程度です。

夏も冬もエアコンはフル稼働させてます😅

月々の餌代は、全ペット含めて約5,000円程度かと思われます。

爬虫類の餌昆虫はせっせと自家繁殖させているので、ほぼ野菜代のみです🥬

それと、ネロくん🐩のトリミングが月一で約5,000円かかります。

他にも犬は年一で狂犬病予防接種(約3,000円)や夏場はフィラリア予防(約2,000円)などもかかります。

動物病院費用

勿論、ペットの体調が悪くなった場合は病院に連れて行かなくてはいけません。

それと、基本的に動物をお家に迎えた段階で健康診断を受けた方がいいです。

特に爬虫類はWC個体(現地で採集された個体)であることが多く、寄生虫がいることもあるので受けた方がいいです。

小動物を診てくれる病院は限られているので、診てもらえる近場の病院を必ず探しておきましょう。

病院にもよりますが、初診料は約1,500円程で、+検査代がかかります。

大体こんな感じです

私自身、ペット費用をあまり把握せずに飼育しておりましたが意外とかかっていたようです😗笑

費用だけ見るとペットを飼うことを躊躇ってしまう方もいるかもしれませんが、ペットは家族同様に落ち込んだ時などに支えになってくれる頼もしい存在です。

私くらい色々飼育していると毎日最低でもペットの世話で1時間はかかってしまいますが、最早生きがいなので苦ではありません🤣むしろ癒しです🤣

長々となってしまいましたが、我が家の飼育費はこんな感じです!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました☺️